根室・知床羅臼・中標津・標津・別海の観光ガイド

世界遺産 ラムサール

3の沼

 平成17年7月、知床が世界自然遺産に登録されました(国内3ケ所目)。知床が世界の遺産として認められたことは大きな誇りであり、又、未来へ引き継ぐ私達の宝物です。

 また、同年11月には、野付半島・野付湾、風蓮湖・春国岱が世界的に重要な湿地であるとして、ラムサール条約に登録されました。ラムサール条約の基本理念である「ワイズユース(賢明な利用)」の考えに基づき、自然を保全しながら賢く利用、根室半島の素晴らしい自然を守り伝えていきます。

春国岱

羅臼湖

市街地より知床峠付近からの行程で遊歩道を歩いて5つの湖を巡って、たっぷり堪能できる散策コース3の沼に映る逆さ羅臼岳が人気です。

http://www.rausu-shiretoko.com/activity/guide.html

野付半島

全長28km、日本最大の砂の半島・野付半島は、初夏から秋にかけての原生花園、立ち枯れたトドマツが幻想的なトドワラ、多種多様な野鳥が見られるスポットです。

http://www.aurens.or.jp/~todowara/

野付湾

北海シマエビが生息するアマモを傷つけないよう、風の力だけで進む打瀬舟漁は北海道遺産にも指定された風物詩。春から秋には観光船で野生のアザラシも見られます。

http://www.aurens.or.jp/~kankousen/

風蓮湖・春国岱

http://www.nemuro-kankou.com/midokoro.html

http://betsukai-kanko.jp/maps/bekkai.php

▲このページのトップへ